コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色分芽菌症 こくしょくぶんがきんしょうchromoblastomycosis; chromomycosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒色分芽菌症
こくしょくぶんがきんしょう
chromoblastomycosis; chromomycosis

いぼ状皮膚炎ともいう。深在性真菌症の一つ。熱帯,亜熱帯に多い。菌は土壌腐木などに存在し,小児,老人,免疫不全者に多発する。隆起する肉芽腫性のカリフラワー状の病変で,排膿をみることがある。慢性に経過して十数年続くが,ときに内臓を侵し,脳病変などを併発して死亡することがある。糖尿病リウマチ様関節炎,全身性エリチマトーデス (→紅斑性狼瘡 ) などの基礎疾患のある人に起きやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黒色分芽菌症の関連キーワードいぼ状皮膚炎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android