コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色分芽菌症 こくしょくぶんがきんしょうchromoblastomycosis; chromomycosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒色分芽菌症
こくしょくぶんがきんしょう
chromoblastomycosis; chromomycosis

いぼ状皮膚炎ともいう。深在性真菌症の一つ。熱帯,亜熱帯に多い。菌は土壌腐木などに存在し,小児,老人,免疫不全者に多発する。隆起する肉芽腫性のカリフラワー状の病変で,排膿をみることがある。慢性に経過して十数年続くが,ときに内臓を侵し,脳病変などを併発して死亡することがある。糖尿病リウマチ様関節炎,全身性エリチマトーデス (→紅斑性狼瘡 ) などの基礎疾患のある人に起きやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android