コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙照禅 もくしょうぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黙照禅
もくしょうぜん

中国,宋の曹洞宗風をいう。臨済宗看話禅 (かんなぜん) の対語。臨済宗の大慧宗杲 (だいえそうごう) が宏智正覚 (わんししょうかく) の黙して坐禅のみしている禅風を溌刺とした智慧働きを欠くと批判したのに対して,宏智は黙って坐禅することこそ智慧の働きを活発にする正道であり,宗杲の禅風は公案に拘泥する看話禅であると応酬した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

もくしょうぜん【黙照禅】

心を平静にして座禅することのみを偏重し、心の活発な働きを否定する禅風。曹洞宗の禅の陥りやすい誤りとして、臨済宗の側から言われる。 ↔ 看話禅かんなぜん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黙照禅の関連キーワード天童正覚

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android