コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無念無想 ムネンムソウ

デジタル大辞泉の解説

むねん‐むそう〔‐ムサウ〕【無念無想】

仏語。一切の想念を離れること。無我の境地に入り、無心になること。
しっかりした考えを持っていないこと。思慮のないこと。
「―の下部ども」〈浄・百合若大臣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むねんむそう【無念無想】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〘仏〙 あらゆる雑念がなくなって心が澄み切っている状態。 「 -の境地」
何も考えないこと。思慮がないこと。また、そのさま。 「 -の下部共占はせよ/浄瑠璃・百合若大臣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無念無想の関連キーワード丁・亭・低・体・停・偵・剃・呈・啼・堤・定・帝・底・庭・廷・弟・悌・抵・挺・提・梯・汀・涕・程・綴・締・艇・訂・諦・貞・蹄・逓・遞・邸・鄭・鼎心頭を滅却すれば火も亦涼し心頭滅却すれば火もまた涼し剣禅一致山岡鉄舟無想無念陀羅尼黙照禅浄瑠璃気功無我禊教入定座禅無想無心寂寂坐禅

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無念無想の関連情報