コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看話禅 かんなぜん

5件 の用語解説(看話禅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

看話禅
かんなぜん

禅宗用語。一つの公案 (話) を目標とし,それを理解しえたのちさらに別の公案を目標に立てて,最終的に悟りにいたろうとする禅風。もと南宋の宏智正覚 (わんししょうかく) が大慧宗杲 (だいえそうごう) の禅風を評した語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんな‐ぜん〔カンワ‐〕【看話禅】

《「かんわぜん」の連声(れんじょう)。話は古則・公案のこと》公案を考え、理解していくことによって、大悟(だいご)に至ろうとする禅風。曹洞宗黙照禅に対し、臨済宗の修行法をいう。

かんわ‐ぜん【看話禅】

かんなぜん(看話禅)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんなぜん【看話禅】

〔「話」は公案こうあんのこと〕
公案の研究を偏重し、座禅による定力じようりきの深まりを軽視する禅風。臨済宗の禅の陥りやすい誤りとして、曹洞宗の側から言われる語。かんわぜん。 → 黙照禅もくしようぜん

かんわぜん【看話禅】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

看話禅の関連キーワード公案竜図公案現成公案公安苟安ロウ・アンド・ボール伊藤恒庵岡谷無功庵辻好庵山口厚菴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone