コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙譜祖忍 もくふ そにん

2件 の用語解説(黙譜祖忍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黙譜祖忍 もくふ-そにん

?-? 鎌倉時代の尼僧。
能登(のと)(石川県)羽咋(はくい)郡の地頭酒勾(さかわ)頼親の娘。夫の海野信直とともに曹洞(そうとう)宗の瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)に帰依(きえ)し,能登酒井保の土地を買収して文保(ぶんぽ)2年(1318)寄進。その地に建立された永光(ようこう)寺の開基とされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黙譜祖忍

生年:生没年不詳
鎌倉末期の曹洞宗の尼でその支援者。能登国羽咋郡中河村(石川県羽咋市)の地頭,酒勾頼親の娘で,信濃国(長野県)を本貫とする海野信直の妻。夫と共に曹洞宗中興の祖で,加賀(石川県)大乗寺の2世住持であった瑩山紹瑾 に師事。延慶3(1310)年から能登国鹿島郡酒井保(羽咋市)内の山野の買得を進め,鎌倉幕府の承認を得たうえで,この地を紹瑾に寄進した。ここに建立されたのが紹瑾門流の根本道場のひとつ,永光寺であり,祖忍は同寺の本願主,本檀那と呼ばれた。正式に紹瑾から得度を許されたのは元亨1(1321)年で,これは曹洞宗史上,最初の正規の尼とされている。翌年から,紹瑾が山内に建立した円通院の庵主を勤めたあと,正中2(1325)年には,紹瑾が母の菩提を弔うために建立した加賀宝応寺の房主に任命された。<参考文献>『永光寺文書』『洞谷記』,嶺南秀恕『日本洞上連灯録』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黙譜祖忍の関連キーワード釈鼇仙玉山全英凸巌養益越溪休覚紹瑾曹洞宗了然曹洞宗の大本山素妙太巌祖仙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone