羽咋(読み)ハクイ

大辞林 第三版の解説

はくい【羽咋】

石川県中部、日本海に面する市。気多けた神社が鎮座。繊維・金属工業や瓦かわらの製造業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくい はくひ【羽咋】

[一] 石川県中北部の地名。能登半島の基部を占め、日本海に面する。気多(けた)神社・妙成寺などがある。七尾線が通じる。昭和三三年(一九五八)市制。
[二] 石川県北部の郡。能登半島基部の西側を占める。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽咋の関連情報