コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓索神経 こさくしんけいchorda tympani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼓索神経
こさくしんけい
chorda tympani

舌の前のほうにある味蕾に分布して,この部分を支配する神経。顔面神経管の下端近くで顔面神経から分岐して,中耳の鼓室を通って前方に達し,側頭下窩で舌神経に合流する。このため,顔面神経麻痺が起きたり,中耳の手術でこのルートの神経が傷つけられると,味覚に異常が生じる。また鼓索神経は舌神経の途中から分れて顎下腺と舌下腺に分布し,唾液分泌にも関与している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鼓索神経の言及

【中耳】より

…こうした空間の中にいくつかの構造物がある。外側にある鼓膜の振動を内側の内耳に伝える三つの耳小骨(外から内へそれぞれ,つち骨,きぬた骨,あぶみ骨と呼ぶ),内側の骨壁に走る顔面神経,さらにこの枝で舌の前方2/3の味を感知する鼓索神経が耳小骨の間を走る。また,小さな2個の筋肉が鼓室の内側にあり,耳小骨について強大音で収縮し,内耳に対する保護作用をもつと考えられている。…

※「鼓索神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報