顎下腺(読み)がくかせん(英語表記)submandibular gland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顎下腺
がくかせん
submandibular gland

唾液腺の一つ。舌下腺耳下腺とともに大唾液腺を構成する。下顎骨の下にあり,唾液は唾液管 (ワルトン管) を通って舌下に開口して分泌される。舌下腺からは粘液性,耳下腺からは漿液性のものが分泌されるが,顎下腺からは両者の混合性のものが分泌される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

顎下腺【がっかせん】

唾液(だえき)腺の一つで,左右1対,下顎骨の内面に接して口腔底にある。その分泌物を集めた顎下腺管は舌下腺の導管とともに舌下面の正中腺の左右に舌下唾液乳頭として開口する。分泌物の主成分はムチンと呼ばれる糖タンパク質。
→関連項目舌下腺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がっかせん【顎下腺】

唾液腺の一。下顎かがく骨内面下部に左右一対あり、唾液を分泌する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顎下腺
がくかせん

口腔(こうくう)内にある三大唾液腺(だえきせん)(耳下腺、顎下腺、舌下腺)の一つ。下あごの下縁のほぼ中央内側あたりに位置し、指で触れると、皮下に母指頭大の高まりとして感じられる。形はやや扁平(へんぺい)な楕円(だえん)体で、長さ約3センチメートル、厚さ約1.5センチメートル。顎下腺は、漿液性(しょうえきせい)分泌液(塩類、タンパク質、および酵素を含む水分の多い液)と粘液性分泌液(粘性のある液)とを分泌する混合腺である。顎下腺の導管は長さ約5センチメートルで、舌下面中央部のひだ(舌小帯)の根部にある高まりである舌下小丘の部分に開口する。顎下腺は交感神経、副交感神経の二重支配を受けるが、その働きはまだよくわかっていない。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の顎下腺の言及

【唾液】より

…俗に〈つば(唾)〉〈つばき〉ともいい,口外に流れ出た唾液を〈よだれ(涎)〉という。大部分は耳下腺,顎下腺,舌下腺から,一部は口腔内の多数の小唾液腺から分泌される無色・無味・無臭の液体。唾液の分泌速度は,食事などによりかなり変動するが,正常成人では約1~1.5l/日である。…

【唾液腺】より

…唾腺とも呼ばれる。ヒトでは,組織の大きさから大唾液腺と小唾液腺とに分けられ,大唾液腺には耳下腺,顎下腺,舌下腺が含まれる。小唾液腺は口腔全体にわたって分布しており,粘膜や筋組織内に米粒あるいはアズキ粒ぐらいの大きさの腺組織の集合体として存在し,それぞれ独立した管によって口腔内に開いている。…

※「顎下腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android