コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌下腺 ぜっかせんsublingual gland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌下腺
ぜっかせん
sublingual gland

口腔底にある1対の大口腔腺漿液細胞粘液細胞の両方から成る混合腺で,大唾液腺のなかで最も小さい。導管のうち大管は舌下小丘に開き,その他は舌下ヒダに開口する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

舌下腺【ぜっかせん】

唾液(だえき)腺の一つで,ヒトでは左右1対。下顎骨の内面に接し,顎舌骨筋を隔てて顎下(がっか)腺と相対する。混合性腺であるが,漿液(しょうえき)細胞より粘液細胞のほうが多い。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

舌下腺

 唾液腺の一つで舌の下にある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜっかせん【舌下腺】

舌の下部にあり、唾液を分泌する器官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌下腺
ぜっかせん

耳下腺(じかせん)、顎下腺(がくかせん)とともに三大唾液腺(だえきせん)の一つで、口腔底(こうくうてい)の粘膜のすぐ下に位置する。重さ5グラムほどの小さい唾液腺で前後に細長く(長さ3~4センチメートル)、左右に扁平(へんぺい)な形(厚さ約1センチメートル)をしている。舌下腺には導管が多数あって、粘液、漿液(しょうえき)を口腔に分泌している(混合腺という)。なお、舌下腺は自律神経の支配を受ける。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の舌下腺の言及

【唾液】より

…俗に〈つば(唾)〉〈つばき〉ともいい,口外に流れ出た唾液を〈よだれ(涎)〉という。大部分は耳下腺,顎下腺,舌下腺から,一部は口腔内の多数の小唾液腺から分泌される無色・無味・無臭の液体。唾液の分泌速度は,食事などによりかなり変動するが,正常成人では約1~1.5l/日である。…

【唾液腺】より

…唾腺とも呼ばれる。ヒトでは,組織の大きさから大唾液腺と小唾液腺とに分けられ,大唾液腺には耳下腺,顎下腺,舌下腺が含まれる。小唾液腺は口腔全体にわたって分布しており,粘膜や筋組織内に米粒あるいはアズキ粒ぐらいの大きさの腺組織の集合体として存在し,それぞれ独立した管によって口腔内に開いている。…

※「舌下腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舌下腺の関連キーワード口腔のしくみとはたらき唾液腺のいろいろ口腔(こうこう)蝦蟇腫・蝦蟆腫唾液腺良性腫瘍バルトリン顔面神経唾液腺炎消化器官鼓索神経唾石症口底炎がま腫絶・舌口腔癌哺乳類消化腺顎下腺ガマ腫器官

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌下腺の関連情報