コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠講 ネズミコウ

デジタル大辞泉の解説

ねずみ‐こう【×鼠講】

加入者がねずみ算式に会員を増やすことにより、加入金額以上の金銭を得る一種の金融組織。昭和53年(1978)制定の「無限連鎖講の防止に関する法律」(通称、ねずみ講防止法)で禁止された。無限連鎖講。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねずみこう【鼠講】

会員を鼠算式にふやし、子会員が講元・親会員・数代前の親会員などに金を送ることを順次繰り返して、利益も鼠算式にふやそうとする金融組織。1979年(昭和54)無限連鎖講防止法で禁じられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鼠講の関連キーワードピラミッドセリング無限連鎖講防止法加入者講元

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android