コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠算(読み)ネズミザン

デジタル大辞泉の解説

ねずみ‐ざん【×鼠算】

和算の計算問題の一。正月に雌雄2匹のネズミが12匹の子を産み、2月にはその親子のネズミ七つがいがそれぞれ12匹の子を産み、毎月このようにネズミが増えていくと12月には何匹になるかという問題で、2×712すなわち276億8257万4402匹になる。鼠の子算用。
急激にふえていくことのたとえ。「鼠算式に増える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねずみざん【鼠算】

和算の一。「正月にひと組みの鼠が一二匹生む。毎月それぞれが、また一二匹ずつ子を生むとすると、12月には鼠は何匹になるか」というような等比級数的にふえ続ける鼠の数を数えるような問題。また、そのように急速に増加することのたとえ。 「 -式にふえてゆく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android