コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球状黒鉛鋳鉄 きゅうじょうこくえんちゅうてつ spheroidal graphite cast iron

3件 の用語解説(球状黒鉛鋳鉄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

球状黒鉛鋳鉄
きゅうじょうこくえんちゅうてつ
spheroidal graphite cast iron

ノジュラー鋳鉄またはダクタイル鋳鉄ともいう可塑性のよい鋳鉄。 1945~48年頃,イギリスの H.モローアメリカの A.ギャヌバンらにより開発された。鋳鉄に特定元素を少量添加すると片状黒鉛が球状化するので著しく可塑性が増す効果のあることを,モローはセリウム,ギャヌバンはマグネシウム Mg (いずれも 0.04~0.08%) の添加で見出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

球状黒鉛鋳鉄【きゅうじょうこくえんちゅうてつ】

ダクタイル鋳鉄,ノジュラー鋳鉄とも。ふつうは片状に存在する鋳鉄中の黒鉛の形を球状化することによって,機械的性質を向上させた鋳鉄。脱硫した溶湯にマグネシウム,セリウムなどを少量添加して球状化する。
→関連項目鋳鉄管鼠銑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球状黒鉛鋳鉄
きゅうじょうこくえんちゅうてつ
nodular graphite cast ironspheroidal graphite cast iron

組織中の黒鉛を球状にした鋳鉄。普通の鋳鉄鋳物では黒鉛結晶が薄片状の形で含まれているので強さも低く延性も小さいが、1948年イギリスで、49年アメリカで、それぞれ鋳鉄にセリウムあるいはマグネシウムを少量添加して黒鉛結晶を球状に凝固させることに成功し、鋳鉄の強さ、延性が飛躍的に向上した。これを球状黒鉛鋳鉄とよび、結節状という意味でノジュラー鋳鉄、さらに延性に富むのでダクタイルductile鋳鉄などともよばれる。上水道用鋳鉄管や自動車足回り部品などに広く用いられ、現在では鋳鉄鋳物全体の約40%を占めるに至っている。引張り強さは1平方ミリメートル当り40~70キログラム、伸びは2~15%を示す。[井川克也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

球状黒鉛鋳鉄の関連キーワード可鍛鋳鉄鋳鉄バナジウム添加耐熱鋳鉄セミスチール鼠銑モジュラー鉄敷鋳鉄管ニッケル鋳鉄九州鋳鉄管

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone