コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1型糖尿病

4件 の用語解説(1型糖尿病の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1型糖尿病

NPO法人「日本IDDMネットワーク」によると、患者は糖尿病全体の1%から数%で推計約10万人。生活習慣が影響する2型糖尿病と違い、主に免疫の異常で膵臓(すいぞう)の中の細胞が壊れ、血糖を安定させるインスリンが分泌されなくなる。若いときにかかる比率が高く、注射によるインスリンの補充が必要だという。プロ野球・阪神の岩田稔投手、英国のテリーザ・メイ首相も患者であることを明らかにしている。

(2016-09-17 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典の解説

1型糖尿病

1型糖尿病は25歳以下で発症することが多いのですが、全年齢層に及んでいます。膵臓に対する特殊な自己抗体、抗GDA抗体膵島細胞抗体(ICA)、インスリン自己抗体などが陽性である事が多く、診断価値もあります。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

1型糖尿病

糖尿病の一種。生活習慣などにより後天的に起こる通常の糖尿病(2型糖尿病)と違い、主に自己免疫の作用によりすい臓のインスリン産生細胞(β細胞)が破壊されることにより発症する。幼少時から発症することが多いため、かつては「小児糖尿病」といわれていた。糖尿病全体の約1%を占め、日本での年間発症率は10万人につき1~2名とされる。食事・運動療法は効果がなく、かつては致死性の病気だった。現代では、根治療法はすい臓移植だけだが、毎日数回のインスリン注射で症状を抑え通常の生活をおくることができるようになっている。症状が急速に激しく出る急性1型糖尿病、劇症1型糖尿病の場合は致死性が高いため、迅速な対応が必要となる。

(2015-2-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1型糖尿病
いちがたとうにょうびょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1型糖尿病の関連キーワード糖尿病薬インスリン非依存性糖尿病I型糖尿病境界糖尿病若年性糖尿病若年発症糖尿病II型糖尿病排泄障害1型と2型糖尿病2型糖尿病インスリン依存性糖尿病インスリン非依存性糖尿病I型糖尿病境界糖尿病若年発症糖尿病成人発症糖尿病II型糖尿病ブリットル型糖尿病1型糖尿病2型糖尿病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

1型糖尿病の関連情報