コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1990年代の開発協力 せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだいのかいはつきょうりょく Development Aid in 1990's

1件 の用語解説(1990年代の開発協力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1990年代の開発協力
せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだいのかいはつきょうりょく
Development Aid in 1990's

1989年 12月の DAC上級会議において採択された 90年代の経済協力の基本的方向を示すステートメント。 (1) 発展途上国自助努力の重要性,(2) 人口増加,貧困,文盲,環境悪化と結び付いた低開発の悪循環構造を打開するため,持続的な経済成長の促進,広範な参加型の開発,環境面での持続可能性の確保と,人口増加の抑制を図る,(3) 途上国の多様性に対応し,政策支援とインフラ整備の強調,ODAの質量両面での改善など援助努力を強化することを主な内容とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1990年代の開発協力の関連キーワードDAC開発援助委員会一議に及ばず上級上級審学級会各府省連絡会議人間会議初月の歌坂井大輔

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone