コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

20・20協定 にじってんにじゅうきょうてい20/20 Initiative

1件 の用語解説(20・20協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

20・20協定
にじってんにじゅうきょうてい
20/20 Initiative

世界的規模における社会開発経費の確保方法を取り決めた協定。 1995年デンマークコペンハーゲン開かれた世界社会開発サミットで採択され,行動計画に盛り込まれた。「人間中心の社会開発」を進めるために,先進国側は政府開発援助 (ODA) の 20%を,途上国側は国家予算の 20%をそれぞれ社会開発のためのプログラムに配分するという内容。具体的には教育の普及,保健衛生の向上,人口爆発の回避など,人間生活に直接かかわりの深い分野が対象になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone