コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人口爆発 じんこうばくはつpopulation explosion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人口爆発
じんこうばくはつ
population explosion

第2次世界大戦後の世界的な死亡率低下,高い出生率により生じた急速な人口増加を表す用語。特に 1960年代以降,発展途上国人口増加率は,年2%を上回る水準で推移したことから,これに警鐘を鳴らす意味でも用いられた。人口問題は,食糧・農業はもとより,貧困や経済開発とも密接にかかわるものなので,単に人口抑制家族計画といった点だけでなく,より広い視野を持って対処することが求められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐ばくはつ【人口爆発】

人口が爆発的に増加すること。主に第二次大戦後の世界的な人口増加、とりわけ1960年代以降の発展途上国における急激な人口増加をいう場合が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

人口爆発【じんこうばくはつ】

世界の総人口が急激に増加したのは,ヨーロッパを中心に産業革命が進行した18世紀後半から19世紀にかけての時期で,これを第1次人口爆発という。その後世界の人口は加速度的に増加しているが,特に1950年以降の急増は幾何級数的で(1800年―1900年の年人口増加率は0.5%,1950年―1960年は1.8%,1960年―1965年2.0%),1950年に25億だった世界人口は1970年には37億と,20年間で12億増加しており,これを第2次人口爆発という。
→関連項目人口世界人口会議ワールドウォッチ研究所

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

人口爆発

 第二次世界大戦後の発展途上国の人口の急激な増加.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

じんこうばくはつ【人口爆発】

人口が急激に増加すること。開発途上国のそれをさしていうことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の人口爆発の言及

【人口】より

…40億になったのは75年ころであるから,今度は15年しかかかっていないことになる。このような第2次大戦後における幾何級数的な世界人口の増加は,〈人口爆発〉とよばれるにふさわしいものであったといえよう。
[地域間の人口学的ギャップ]
 人口の大きさや増加率は,地域や国によって著しく異なっている。…

※「人口爆発」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人口爆発の関連キーワードリプロダクティブ・ヘルス/ライツ人口爆発から人口高齢化へマクロエンジニアリングマックス エールリッヒナフィス サディックレスター ブラウンイスラム原理主義20・20協定ローマ・クラブ宇宙船地球号国連人口基金開発途上国楽しい終末メキシコ史UNFPA食糧問題食物連鎖過剰人口馬寅初

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人口爆発の関連情報