コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

6大栄養素とその体に対する働き ろくだいえいようそとそのからだにたいするはたらき

1件 の用語解説(6大栄養素とその体に対する働きの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ろくだいえいようそとそのからだにたいするはたらき【6大栄養素とその体に対する働き】

人が生きていくには、体を動かすエネルギー源、筋肉や骨などをつくる材料、新陳代謝(しんちんたいしゃ)を円滑に行うための成分など、さまざまな栄養素を食品から摂取することが欠かせません。そして、その中心となるのが炭水化物たんぱく質、脂質、ビタミンミネラル食物繊維という6大栄養素。これらは体内で特有の働きをになうほか、相互に影響しあって生命活動を維持しています。つまり、各栄養素の働きを最大限に発揮するには、すべての栄養素をバランスよく摂取することが不可欠なのです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

6大栄養素とその体に対する働きの関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー原子エネルギー磁気エネルギー熱エネルギー一次エネルギー二次エネルギーバイオマスエネルギーエネルギー学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone