6x86

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

6x86

Cyrixが開発したPentium/Pentium Pro対抗のマイクロプロセッサー。内部クロック100MHz/110MHz/120MHz/133MHz/150MHzの製品がラインアップされており、それぞれPentium-120MHz/133MHz/150MHz/166MHz/200MHz相当の性能を発揮するとされる。内外クロック倍率は標準で2倍である(3倍も選択できる)。命令体系はx86 CPUと互換で、ピン配置はP54Cと互換性がある。アーキテクチャーとしては、深さ7段という深い2本のパイプラインを持ち、2命令同時発行、アウトオブオーダー命令実行、レジスタリネーム、16Kbytesの容量を持つコードとデータのユニファイドキャッシュ(単一キャッシュ)、分岐予測、見込み実行などを特徴とする。6x86のコア電源とI/O電源は共通である(シングルボルテージ)。この6x86のプロセスルールを0.35μに下げ、デュアルボルテージを採用したのが、6x86Lである。6x86の製造はIBMやSGS-THOMSON Microelectronicsなどが行なっており、両社とも自社ブランドで6x86を販売している。6x86の開発コードネームは「M1」と呼ばれていた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android