コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

89式小銃 はちきゅうしきしょうじゅう

1件 の用語解説(89式小銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

89式小銃
はちきゅうしきしょうじゅう

1989年に陸上自衛隊が制式化した新型国産小銃。北大西洋条約機構 NATO第2標準弾の 5.56mm弾を採用。軽量化と部品数削減がはかられ,単・連発の切替えが可能。固定銃床と,空挺・戦車隊員用の折り曲げ銃床の2型式があり,銃床には強化プラスチックも使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

89式小銃の関連キーワード航空自衛隊陸上自衛隊10式戦車自衛隊生徒WAC駐屯地予備自衛官補与那国島への陸上自衛隊配備自衛隊のカンボジアPKO陸上自衛隊のイラク派遣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

89式小銃の関連情報