コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AFN エーエフエヌ AFN

3件 の用語解説(AFNの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エー‐エフ‐エヌ【AFN】[American Forces Network]

American Forces Network》米国軍放送網。米軍向けテレビ・ラジオ局。1997年、FENより改称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

AFN

〖American Forces Network〗
アメリカ軍放送。世界各地のアメリカ軍が駐留する基地に設けられた、関係者向けの放送局。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

AFN
えーえふえぬ

アメリカ軍ネットワークAmerican Forces Networkの略称。アメリカでは、国防総省広報局の管理下にあるAFNを通じ、在外駐留米軍向けに本国からのラジオテレビ放送番組を24時間体制で供給している。番組は国防総省製作のニュース軍司令部情報、アメリカの主要商業テレビで放送されているコメディドラマなどエンターテイメント番組(ただし商業放送CMはカット)、公共ラジオ放送で放送されている報道番組などが中心。AFNは国防総省広報局の管理下に置かれ、番組を伝送するインフラストラクチャーの役割を担っている。AFN本部は米東部バージニア州アレクサンドリアにあり、ニュース、軍司令部情報など国防総省独自番組は、ロサンゼルスのAFN番組センターで製作されている。
 AFNの前身は、1942年5月、米陸軍省によって設立された米軍ラジオ放送AFRS(Armed Forces Radio Service)である。1954年からテレビ放送が追加され、1997年にAFNと改称された。日本ではGHQによる占領中、東京、大阪、名古屋など主要都市でNHKの放送施設の一部を接収し、極東地域の占領軍向けラジオ放送を行い、1997年(平成9)までFEN(Far East Network)とよばれた。2011年時点で衛星7機を使い、世界175か国にある1000の放送施設を通じ、ラジオ・テレビ番組を配給している。[向後英紀]
『Department of Defense ed.History of AFRTS (1992, American Forces Information Service and Armed Forces Radio and Television Service) ▽P. MorleyThis is the American Forces Network (2001, Praeger)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AFNの関連キーワードASAASQSOFAMRFAMBFRPAUUNFIATTC

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

AFNの関連情報