コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ATP合成酵素

デジタル大辞泉の解説

エーティーピーごうせい‐こうそ〔‐ガフセイカウソ〕【ATP合成酵素】

生体内でATP(アデノシン三燐酸(りんさん))の合成に寄与する酵素。一方が軸となり、もう一方が回転するモーターのような構造をしており、細胞内のミトコンドリアの内膜などに存在する。水素イオンの濃度差を駆動力とし、ATPの合成を進める。ATPシンテターゼ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ATP合成酵素の関連キーワードウォーカー(John E. Walker)アデノシントリホスファターゼアデノシン三燐酸酸化的リン酸化エネルギー代謝ATPアーゼ分子モーターウォーカーTCA回路ボイヤー分子機械二井将光呼吸鎖りん

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ATP合成酵素の関連情報