B(読み)びー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英語アルファベットの第2字。セム文字のbethを起源とし、ヘブライ文字およびギリシア文字のベータ(β)を経由して発達し現在の字体に至った。小文字bは、大文字Bの上の部分を省いたもので、ラテン文字の草書体に由来している。化学ではホウ素の元素記号であり、音楽ではロ音(ドレミ唱法のシ)を表す。また4種に分類された血液型の一つを示し、また鉛筆の芯(しん)の黒色濃度を表すBはblackの略である。中世ローマ数字では300を示す。B電池とは無線電信で、真空管のプレート回路に用いる高圧電池を示す。学業評価法では、Aが優を示し、Bは良を示す。B級××といえば、評価が二流のものを意味する。

[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Bの関連情報