コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元素記号 ゲンソキゴウ

5件 の用語解説(元素記号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんそ‐きごう〔‐キガウ〕【元素記号】

元素の種類を示すほか、その元素の原子1個あるいは1グラム原子を表す記号。元素名の頭文字か、頭文字に1字添えて表す。水素はH、塩素はClなど。原子記号。→周期表[補説]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

元素記号【げんそきごう】

原子記号」のページをご覧ください。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

元素記号

 原子記号ともいう.元素の種類を表す記号.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんそきごう【元素記号】

元素(原子の種類)を表す記号。現在使われているものは,スウェーデンのベルセーリウスが1814年に元素のラテン語名や英語名・ドイツ語名などの頭文字か,頭文字に他の一字をそえてつくったものに若干の改良と付け加えをしたもの。元素記号は,化学式中ではその元素の原子一個あるいはその一モルを表している。原子記号。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元素記号
げんそきごう
symbol of element

元素の種類を表す記号。たとえば水素はH、酸素はOなどと示す。原子の種類を表すものと考えて原子記号ともいう。これらの記号は、それぞれの元素を表すとともに、その元素の1原子あるいは1グラム原子をも意味し、さらに同位体(アイソトープ)の発見に伴い、記号の左肩などに質量数をつけて同一元素名の各原子を区別するようになったので、その意味では原子記号というほうが妥当である。
 一般に元素の名称の頭文字、またはつづり字中の適当な文字との組合せで表され(基本的にはラテン語が使われる)、万国共通の記号が定められている。[中原勝儼]

元素記号の変遷

物質にそれぞれ特定の記号を用いることは、古くから行われており、今日のような元素記号になるまでには種々の変遷があった。そのような記号が用いられ始めた時代、地方あるいは民族について、よくわかっているわけではないが、金、銀、銅、水銀、鉄、錫(すず)、鉛の七つの金属を七星と対応させて、それらの記号としたことは、きわめて古い時代のようである。古代エジプト人はすでに図Aの(1)のような記号を用いていたといわれる。
 それらは、中世の錬金術時代に至るまでの長い間、いくぶんの変化はあったが、かなりよく使われていた。また、このほか、アリストテレスの四元素に対しては図Aの(2)のような記号も用いられていた。これらの記号は、神秘的な要素の強いもので、合理的な意義のあるものではなかったが、スウェーデンのベリマンは彼の著書のなかで(1775)、59の元素、化合物を記号で表し、反応式を示していることは注目してよい(図Aの(3))。
 しかし18世紀に元素観がようやく確立され始めるとともに、フロギストン説は否定され、新しい理論も生まれ、各種の化学反応を表すために便利な記号が要求されるようになった。このような意味では、1787年フランスのハッセンフラッツJean Henri Hassenfratz(1755―1827)らが用いた化学記号は重要な意味をもっていた。彼らは、化学記号は化合物中の元素の数、割合などを表すだけでなく、同時にそれらが互いに作用する様式を示すべきであると考えた。これは現在の元素記号の基となった考え方でもある。彼らは、たとえば図Aの(4)のような簡単な図形で物質の種類(金属、酸根、塩基根、土類など)を表し、それにさらに文字を入れるなどして区別した。このとき個々の金属を表すなどのため名称の頭文字を用いている。これはきわめて合理的で優れたものであったが、書くのにめんどうであったので、それほど普及しなかった。その後19世紀に入ってまもなく、イギリスのドルトンの用いた化学記号は有名であるが、ハッセンフラッツの記号と比べてそれほど優れたものとはいえない。ドルトンの記号は図Aの(5)のようなものである。ドルトンの記号では、各記号は1個の原子を表し、さらに原子の重さを表すものであったが、このことは現代的な意味で非常に重要なものであった。
 ついで1813年スウェーデンのベルツェリウスは、各元素を表すのに文字記号を用いることを提案したが、これが現在の元素記号の基となった。しかし19世紀の間には多くの変遷があり、現在のような記号が用いられるようになるまでには、かなりの紆余曲折(うよきょくせつ)があった。たとえば酢酸について、年代順にその記号の変遷を示すと図Bのようになる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の元素記号の言及

【原子記号】より

…原子の種類をあらわす記号。元素記号ともよばれる。通常,元素名のラテン語,英語,ドイツ語等の頭文字またはこれに綴字中の特定の文字1個を付記して用い,水素(hydrogenium,ラテン語)H,水銀(hydrargyrum,ラテン語)Hg,カリホルニウム(californium,英語)Cf,タングステン(Wolfram,ドイツ語)Wのように記す。…

※「元素記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元素記号の関連キーワード原子価原子熱スズハロゲン族元素ヒ素グラム原子弗素オッド‐ハーキンスの法則ゴールトシュミットの元素分類ブラッグの法則(粒子阻止能)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元素記号の関連情報