BIND(読み)ばいんど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BIND

Berkeley Internet Name Domainの略。UNIXでもっとも広く使われてきたDNS(Domain Name System)用のアプリケーション。UNIX系OS上で使われるほか、Windows版なども用意されている。BINDには、いくつかの設定ファイルが存在するが、基本はBIND自体の動作を定義する「named.confファイル」と各ゾーンの情報を記述する「ゾーンファイル」から構成される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

バインド【BIND】

サーバーDNSを実装するためのソフトウェア。インターネット上でコンピューターや機器を識別するIPアドレスドメイン名の対応付けを行う。世界中で運用されているDNSサーバーの大半が利用している。1988年にアメリカのカリフォルニア大学バークレー校で開発された。◇「berkeley internet name domain」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BINDの関連情報