コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C-Nサイクル シーエヌサイクルC-N cycle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C-Nサイクル
シーエヌサイクル
C-N cycle

炭素 (元素記号C) ,窒素 (N) を触媒として4個の水素原子核を1個のヘリウム原子核に変える循環的な熱核反応。 1939年 H.A.ベーテと C.F.vonワイツゼッカーが提唱し,初めて恒星のエネルギー源を明らかにした。その後,酸素 (O) もこの循環反応に関与することがわかり,C-N-O サイクルとも呼ばれる。炭素 12原子核に水素原子核が次々に3個捕獲され,その間に2度β崩壊をして窒素 15原子核となり,これに水素原子核が捕獲されてヘリウム原子核と炭素原子核とになる。この結果,初め消費された炭素 12原子核が再び生成される。このサイクルは,質量が太陽質量の2倍以上,中心温度が 2000万K以上で,かつ炭素,窒素などを含む主系列星の中心部で起る。水素 1g の反応で約 6000億Jのエネルギーを放出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

C-Nサイクルの関連キーワードヘリウム燃焼B2FH理論元素の起源水素燃焼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

C-Nサイクルの関連情報