コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主系列 しゅけいれつmain sequence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主系列
しゅけいれつ
main sequence

ヘルツスプルング=ラッセル図上で,左上 (高温,光度大) から右下 (低温,光度小) へと連なる星列を主系列といい,われわれの観測する星の 90%がこれに含まれる。この段階にある星は,中心で水素をヘリウムに変える核反応によってエネルギーを得ている (→C-Nサイクル ) 。太陽程度の質量をもった星は,水素の 12%を消費するまで約 100億年主系列に滞在するが,質量のさらに大きい星は,水素を多く消費し,短時間で主系列を離れる。主系列の星の質量は,太陽の 0.085倍から 60倍,明るさは太陽の 0.001倍から 400万倍である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

主系列の関連キーワードチャンドラセカール‐シェーンベルク限界ヘルツシュプルングラッセル図炭素窒素サイクル矮星(わいせい)ヘルツスプルングCNOサイクルベーテサイクルケルヴィン収縮アクルックス質量光度曲線ppチェーン質量光度関係林トラック林フェイズ林フェーズ前主系列星赤色巨星星の進化レグルス白色矮星

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android