コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環反応 じゅんかんはんのうcircular response

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

循環反応
じゅんかんはんのう
circular response

心理学用語。円環反応ともいう。反応した結果が再び刺激となって同一あるいは類似の反応が反復されること。 J.ピアジェは,乳児の知的発達に果すこのような循環反応の役割を重視し,(1) 生後3~6ヵ月頃生じ,自分自身の身体だけに関係した第1次循環反応 (たまたま行なった運動の結果としての感覚に興味が向けられ,当該運動を反復する。たとえば指しゃぶり) ,(2) 6~12ヵ月頃生じ,外部の対象と関係する第2次循環反応,(3) 1歳半頃までに生じ,運動と感覚の意図的な協応の調節を行う第3次循環反応,に分けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

循環反応の関連キーワードベーテサイクルCNOサイクルC幼児期経絡

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android