コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIGS型太陽電池 シーアイジーエスガタタイヨウデンチ

デジタル大辞泉の解説

シーアイジーエスがた‐たいようでんち〔‐タイヤウデンチ〕【CIGS型太陽電池】

カルコパイライト系太陽電池の一。シリコン(珪素(けいそ))の代わりに、銅(Cu)、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、セレン(Se)などを用いた太陽電池。エネルギー変換効率は実用化レベルで8~12パーセント、最高約20パーセントと高く、数マイクロメートルの薄膜で機能するため省資源化に向く。CIGS系太陽電池CIGS太陽電池。→CIS型太陽電池

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android