コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COSO こそ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COSO

米国トレッドウェイ委員会組織委員会のこと。米国では、1970年代から、粉飾決算や企業会計の不備など企業のコンプライアンスの欠如が社会問題となっていた。こうした状況に対処するため、1985年、米国公認会計士協会の働きかけで、産学共同組織のトレッドウェイ委員会が発足した。92年、同委員会は報告書を出して、「内部統制」のガイドラインを作成した。この報告書では、3つの目的と5つの構成要素によって、内部統制を定義している。内部統制の目的は、(1)業務の有効性・効率性を高めること(2)財務報告の信頼性を確保すること(3)関連法規の遵守の3つである。次に、内部統制を構成する要素としては、「統制環境」「リスクの評価」「統制活動」「情報と伝達」「監視活動」の5つが挙げられる。さらに2003年、COSOは新しいCOSOフレームワークの草案であるCOSO ERM(新COSO)を公表した。COSO ERMでは、内部統制の基準の改定が行なわれ、企業の現状に即した内部統制の軸が示されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

COSOの関連キーワード移住労働者等権利保護条約教育インターナショナルUN‐HABITAT日本版COSO報告書アフリカ経済委員会国連人間居住計画COSOキューブドン・ジョバンニカルペンティエル後発発展途上国経済社会理事会持続可能な発展国連人権委員会赤脚大櫛叩頭虫国際消費者機構マルケリウス国連開発計画パナマ(国)国際人権規約サルハムシ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

COSOの関連情報