草案(読み)そうあん

精選版 日本国語大辞典「草案」の解説

そう‐あん サウ‥【草案】

〘名〙 文章、特に規約などの下書き。また、その下書きを書くこと。草稿。原案。
※性霊集‐序(835頃)「夫其詩賦哀讚之作、碑誦表書之制、所遇而作不草案
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「某貴顕の起稿せられし憲法草案(サウアン)
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉三「宣言、綱領、規約が草案された」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の草案の言及

【案文】より

…案ともいう。文書を作成の順序に従って分けると,(1)草案,(2)正文(しようもん),(3)案文,(4)写しとなる。文書を作成するには,まず草案(草(そう),土代(どだい)ともいう)を作り,それを清書して相手に渡す。…

※「草案」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android