コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CRP シーアールピーCRP

デジタル大辞泉の解説

シー‐アール‐ピー【CRP】[C-reactive protein]

C-reactive protein》C-反応性蛋白(たんぱく)。体内に炎症反応などが起きているときに血中に現れる蛋白質。リウマチ性疾患などの検査に利用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

CRP

〖C-reactive protein〗
C 反応性タンパク。炎症・腫瘍または壊死をもつ患者の血清中にみられる血清タンパクの一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

CRPの関連キーワード国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と健康影響NC Reference Profile毎時0.23マイクロシーベルト子宮付属器炎(卵管炎/卵巣炎)複合性局所疼痛症候群リウマチ性多発筋痛症国際放射線防護委員会放射線防護の三原則局所被曝(ひばく)世界宗教者平和会議放射線障害防止法1ミリシーベルト国際学術連合会議公衆被曝線量限度放射線と健康影響結節性紅斑の検査ベルヌーイの定理植物化学調節学会個人の線量限度ICRP新勧告

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CRPの関連情報