CRP(読み)シーアールピー

デジタル大辞泉の解説

シー‐アール‐ピー【CRP】[C-reactive protein]

C-reactive protein》C-反応性蛋白(たんぱく)。体内に炎症反応などが起きているときに血中に現れる蛋白質。リウマチ性疾患などの検査に利用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

CRP

〖C-reactive protein〗
C 反応性タンパク。炎症・腫瘍または壊死をもつ患者の血清中にみられる血清タンパクの一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android