CRP(読み)シーアールピー

デジタル大辞泉の解説

シー‐アール‐ピー【CRP】[C-reactive protein]

C-reactive protein》C-反応性蛋白(たんぱく)。体内に炎症反応などが起きているときに血中に現れる蛋白質。リウマチ性疾患などの検査に利用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

CRP

〖C-reactive protein〗
C 反応性タンパク。炎症・腫瘍または壊死をもつ患者の血清中にみられる血清タンパクの一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android