Classification Map

産学連携キーワード辞典の解説

Classification Map

「Classification Map」とは、パテントマップの一種。ある技術カテゴリーの複数の技術要素に対して出願されている特許数の構成比をレーダーチャート上に記述したマップ。競合企業がどのような出願構成比を持っているかを調べ、「Classification Map」と比較することによって、どの技術要素に重点をおいた技術開発を行っているかということがわかる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android