コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Common Desktop Environment

1件 の用語解説(Common Desktop Environmentの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Common Desktop Environment

UNIXの統一デスクトップ環境。もともとは、業界団体COSE(Common Operating System Environment)によって提唱された仕様で、各社で微妙に仕様が異なるUNIXにおいて、APIを統一してアプリケーションポータビリティを高めるとともに、ユーザーインターフェイス(Look and Feel)も共通化することを目指していた。具体的には、HPの「VUE」、IBMの「Common User Access Model」および「Workplace Shell」、OSFの「Motifツールキット」および「Window Manager(mwm)」、Sunの「OPEN LOOK」および「DeskSetプロダクティビティツール」、USLの「UNIX SVR4.2デスクトップマネージャ」といった各社の独自環境を統合するもので、ベーステクノロジーとして、X Window SystemとMotifツールキット(インターフェイス)が採用された。現在では、仕様策定の場をX/Open(The Open Group)に移し、すでにSolarisHP-UXを始めとする商用UNIXでCDEが提供されているほか、フリーPC UNIXLinuxFreeBSD向けにも「Accelerated-X with CDE」が発売されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Common Desktop Environmentの関連キーワードアクティブデスクトップデスクトップデスクトップパソコンデスクトップパブリッシングデスクトッププレゼンテーションデスクトップミュージックデスクトップビデオデスクトップコンピューターデスクトップサーチデスクトップ・パソコン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone