Community College

留学用語集の解説

コミュニティ・カレッジ。アメリカの二年制公立大学。コミュニティ、つまりその地域の住民への教育提供を主目的としていて、その地域に住んでいるアメリカ人なら、だれでも入学できる大学です。そのため、学業レベルは普通の大学よりかなり低く、授業カリキュラムの内容も日本人が考えるいわゆる大学のものではなくて、職業訓練所カルチャースクール、商業高校に近い性格をもちます。コミュニティ・カレッジに通う学生の多くが、働きながら夕方クラスを週に二つ取ったり、週末のクラスだけ取ったりするPart-time Studentで、年齢層もぐんと高くなります。学費の安さが魅力のように考えられがちですが、コミュニティ・カレッジにはがないところがほとんどで、アパート暮らしをして家具・生活必需品をそろえ、車を買ってそのための保険に入って、という具合に、かえって高くつく結果に陥りがちです。したがって、日本の高校を卒業した人が正規の学生としてコミュニティ・カレッジへ留学することは、よく考えなければなりません。

出典 栄陽子留学研究所留学用語集について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android