コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DDR2 SDRAM でぃーでぃーあーるつーえすでぃーらむ

2件 の用語解説(DDR2 SDRAMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DDR2 SDRAM

データの転送速度DDR SDRAMよりさらに高速になったSDRAM。形状が異なるため、DDR SDRAMとの互換性はない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ディーディーアールツーエスディーラム【DDR2 SDRAM】

コンピューターのメインメモリーに用いられるRAMの一種。従来のDDR SDRAMを改良し、バスクロックを2倍に高めて動作するため、DDR SDRAMの約2倍、SDRAMの約4倍の高速化が図られている。2004年頃から普及し始めた。◇「double data rate 2 synchronous dynamic random access memory」の頭文字から。略して「DDR2」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DDR2 SDRAMの関連キーワード拡張メモリー揮発性メモリーDIMMメインメモリーコンピューターアートバブルメモリーボードコンピューターメモリー空間メモリーソケットメモリーダンプ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone