コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DDR2 SDRAM でぃーでぃーあーるつーえすでぃーらむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DDR2 SDRAM

データの転送速度がDDR SDRAMよりさらに高速になったSDRAM。形状が異なるため、DDR SDRAMとの互換性はない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ディーディーアールツーエスディーラム【DDR2 SDRAM】

コンピューターのメインメモリーに用いられるRAMの一種。従来のDDR SDRAMを改良し、バスクロックを2倍に高めて動作するため、DDR SDRAMの約2倍、SDRAMの約4倍の高速化が図られている。2004年頃から普及し始めた。◇「double data rate 2 synchronous dynamic random access memory」の頭文字から。略して「DDR2」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

DDR2 SDRAMの関連キーワードDDR3 SDRAMPC2100

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android