DDoS攻撃(読み)でぃーどすこうげき、でぃーでぃーおーえすこうげき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DDoS攻撃

Distributed Denial of Service(attack)の略。複数のクライアントから大量のパケットを送信することで、標的となるサーバーのサービスを不能にする攻撃(DoS攻撃)の一種。セキュリティの甘い多数のサイトを踏み台にクラッキングツールを仕込み、一斉に1つのサイトを攻撃する。大きく分けるとソフトウェアやプロトコルの不具合をねらう攻撃と、単純にサーバーに過剰な負荷をかける攻撃に分けられる。特に後者の場合、一般の不正アクセスと異なり送信されてくるパケットが不正には見えないので、根本的な解決手段はない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵miniの解説

DDoS攻撃

インターネットを通じて多数のコンピューターから大量の通信負荷をかけ、標的となったサーバーに通信障害などを引き起こす攻撃のこと。協調分散型DoS攻撃、分散型サービス妨害攻撃などともいう。攻撃元が特定できる「DoS攻撃」に対し、DDoS攻撃は多数の第三者のコンピューターを利用し特定サーバーに攻撃をかけるため、大元の攻撃者がわからず、また従来のファイアウォールやアクセスリストといった手段では攻撃を防げない。2014年以降、DDoS攻撃につき警視庁が繰り返し注意喚起しており、15年7月には警視庁サイバー犯罪対策課が全国で初めてDDoS攻撃者を逮捕した(電子計算機損壊等業務妨害容疑)。

(2015-8-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DDoS攻撃の関連情報