DNSサーバー(読み)でぃーえぬえすさーばー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DNSサーバー

[[ドメイン名IPアドレスの対応関係を一括管理して問い合わせに応える、DNSドメイン名システム)を構成するサーバー。DNSでは、ドメインツリーという階層構造に基づいてDNSサーバーが分散管理されているが、ツリー構造で最上位に位置するDNSサーバーを「ルートネームサーバー(ルートサーバー、ルートDNSサーバー)」という。ルートネームサーバーは世界に13台(A~M.ROOT-SERVERS.NET)あり、うち1台は日本で管理されている。ルートネームサーバーのIPアドレスはインターネット上で公開されており、DNSサーバーはルートネームサーバーを中心にした論理的なピラミッド状の構造になっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ディーエヌエスサーバー【DNSサーバー】

DNSを構成するサーバー。インターネット上でのコンピューターの名前にあたるドメイン名と、住所にあたるIPアドレスの対応関係を管理するもの。無数のDNSサーバーが階層構造で存在し、最上位のサーバー13台が世界に分散配置され、うち1台が日本にある。◇「DNS」は「domain name system」の頭文字。「ネームサーバー」「ドメインネームサーバー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DNSサーバーの関連情報