DNSサーバー(読み)でぃーえぬえすさーばー

ASCII.jpデジタル用語辞典「DNSサーバー」の解説

DNSサーバー

[[ドメイン名とIPアドレスの対応関係を一括管理して問い合わせに応える、DNS(ドメイン名システム)を構成するサーバー。DNSでは、ドメインツリーという階層構造に基づいてDNSサーバーが分散管理されているが、ツリー構造で最上位に位置するDNSサーバーを「ルートネームサーバールートサーバー、ルートDNSサーバー)」という。ルートネームサーバーは世界に13台(A~M.ROOT-SERVERS.NET)あり、うち1台は日本で管理されている。ルートネームサーバーのIPアドレスはインターネット上で公開されており、DNSサーバーはルートネームサーバーを中心にした論理的なピラミッド状の構造になっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「DNSサーバー」の解説

ディーエヌエスサーバー【DNSサーバー】

DNSを構成するサーバー。インターネット上でのコンピューターの名前にあたるドメイン名と、住所にあたるIPアドレスの対応関係を管理するもの。無数のDNSサーバーが階層構造で存在し、最上位のサーバー13台が世界に分散配置され、うち1台が日本にある。◇「DNS」は「domain name system」の頭文字。「ネームサーバー」「ドメインネームサーバー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android