コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DSRC ディーエスアールシーDSRC

2件 の用語解説(DSRCの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ディー‐エス‐アール‐シー【DSRC】[dedicated short range communications]

dedicated short range communications》高度道路交通システム(ITS)において、ETCETC2.0などに用いられる専用の無線通信ISMバンドの一つである5.8ギガヘルツ帯の電波を使用し、道路に設置されたITSスポットと車載器の間で双方向通信行われる。数メートルから数十メートルという狭い範囲で通信を行うため、狭域通信または専用狭域通信ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

DSRC

〖dedicated short range communications〗
数 m の狭い範囲で自動車どうし、また特定施設との間で行われる無線による高速データ通信の技術。ETC(電子料金徴収システム)に用いられる。狭域通信。 → ETC

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

DSRCの関連キーワードDSRCETCラッパークラス金子貴伸常盤司郎月丘侑成畑山亜梨紗緒方もも川崎りえショートショート

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DSRCの関連情報