コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DSRC ディーエスアールシーDSRC

デジタル大辞泉の解説

ディー‐エス‐アール‐シー【DSRC】[dedicated short range communications]

dedicated short range communicationsISMバンドの一つである5.8ギガヘルツ帯の電波を使用した無線通信。高度道路交通システム(ITS)において、ETCETC2.0などに用いられ、道路に設置されたITSスポットと車載器の間で双方向通信が行われる。数メートルから数十メートルという狭い範囲で通信を行うため、狭域通信または専用狭域通信ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

DSRC

〖dedicated short range communications〗
数 m の狭い範囲で自動車どうし、また特定施設との間で行われる無線による高速データ通信の技術。ETC(電子料金徴収システム)に用いられる。狭域通信。 → ETC

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

DSRCの関連キーワードイーティーシーにてんれいITSスポットサービス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DSRCの関連情報