コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双方向通信(読み)そうほうこうつうしん(英語表記)two-way cable system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双方向通信
そうほうこうつうしん
two-way cable system

情報の送り手から受け手への一方向のみのテレビ放送に対し,送り手と受け手が相互に通信し合えるシステム。ケーブルテレビ網を利用する方式,無線によるテレビ放送とデータ通信回路による送り手への回線を組合せる方式などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

双方向通信【そうほうこうつうしん】

双方向通信とは,電話のように1対1あるいは1対複数の通信を意味し,電話回線やCATV施設などの有線系と電波や光を用いる無線系とがある。有線系では,電話ファクシミリパソコン通信が,無線系ではタクシー無線,アマチュア無線携帯電話が一般的であったが,最近のデジタル技術やセキュリティの進歩などによって,インターネット接続,ビデオオンデマンド,ホームショッピング,ホームバンキングエレクトロニック・バンキング),遠隔医療などの家庭からの個人の要求によってサービスを提供するオンデマンドサービスが可能となっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そうほうこうつうしん【双方向通信】

電話に代表されるような対話型の通信。インタラクティブ-コミュニケーションとも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

双方向通信の関連情報