コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DVDビデオレコーディング規格

1件 の用語解説(DVDビデオレコーディング規格の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DVDビデオレコーディング規格

記録型DVDメディアに映像をリアルタイム記録するために開発された民生向けの録画規格。DVD-VideoDVD-Rフォーマットは再生専用規格のため、そのまま録画用途に転用しようとしても、不良セクタの回避や不連続領域への書き込み、映像・音声の追記に対応できない。記録する前にはオーサリング作業も必要になってしまう。そこで、ビデオレコーディング規格は独自のファイルシステムを持つことによって、それらの問題の解消やAVデータとPCデータの共存、任意の起点での映像の分割、分割した映像の位置の入れ替えなどをリアルタイムで実現している。ただし、DVD-Videoの規格とは異なるフォーマットのため、再生には対応プレーヤ/ドライブが必要となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DVDビデオレコーディング規格の関連キーワードディスクオーサリングコメディアエルディータDVDビデオマルチメディアコンテンツメディアリサーチリアルメディアリアルメディア形式DVD+VR/DVD-VR

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone