DVDビデオレコーディング規格

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DVDビデオレコーディング規格

記録型DVDメディアに映像リアルタイム記録するために開発された民生向けの録画規格。DVD-VideoやDVD-Rのフォーマットは再生専用規格のため、そのまま録画用途に転用しようとしても、不良セクタの回避や不連続領域への書き込み、映像・音声の追記に対応できない。記録する前にはオーサリング作業も必要になってしまう。そこで、ビデオレコーディング規格は独自のファイルシステムを持つことによって、それらの問題の解消やAVデータとPCデータの共存、任意の起点での映像の分割、分割した映像の位置の入れ替えなどをリアルタイムで実現している。ただし、DVD-Videoの規格とは異なるフォーマットのため、再生には対応プレーヤ/ドライブが必要となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android