コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記録型DVD きろくがたDVD/きろくがたでぃーぶいでぃーrecordable DVD

知恵蔵の解説

記録型DVD

直径12cmの記録可能な光ディスク。容量はDVDと同じ4.7GB(ギガバイト)だが、主に互換性(記録したディスクが他のDVD機器で再生できるか)の違いにより、複数の種類がある。書き換え可能型はDVD-RAM(random access memory)、DVD-RW(rewritable)、DVD+RW、1回限り型はDVD-R(recordable)とDVD+Rだ。規格団体であるDVDフォーラムでは、書き換え型としてDVD-RAMを標準規格に定めたが、互換性が完全でないので、後に-RWや+RWが追加的に開発されたという経緯がある。最も互換性が高いのはDVD-Rで、すべてのDVDレコーダーは、必ずDVD-Rの記録再生機能を持つ。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

記録型DVDの関連キーワードDVDビデオレコーディング規格スーパー マルチドライブアイ・オー・データ機器スーパーマルチドライブハードディスクの応用次世代記録DVD2層記録DVDテレビパソコンマルチドライブDVDDVC

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android