コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーレイ・ディスク ぶるーれいでぃすくBlu-ray Disc/BD

知恵蔵の解説

ブルーレイ・ディスク

DVDの後継となる光ディスク規格。略称は「Blu-ray(ブルーレイ)」もしくは「BD」。サイズは、CDやDVDと同じく、直径12cmを基本としているが、記憶容量はより大きい。DVDの容量がハイビジョン品質の映像を記録するには不足していたことを主な理由とし、開発がスタートした。現在は、25GBおよび50GBのディスクが使われている。
データ読み込み・記録に、波長の短い青紫色レーザーを使っており、ディスクの光学的特性が大きく異なるため、ディスク規格自身には、CDやDVDと互換性はない。ただし、ほとんどのBlu-ray対応機器は、CDおよびDVDの再生・記録の機能を備えており、併用が可能となっている。
DVDから得られた教訓を元に、容量以外の点でも改良がなされている。違法コピーを防ぐため、DVDに比べ強固な著作権保護技術を採用している他、複雑だった「録画用/記録用ディスク」の規格を整理し、一度だけ記録できる「-R」と再利用可能な「-RE」の二種類のみとし、より簡単に使えるようになっている。
2002年、ソニー松下電器産業日立製作所LG電子・パイオニア・フィリップス・サムスン電子シャープトムソンの9社が業界団体Blu-ray Disc Founders」(現Blu-ray Disc Association)を設立、製品化へ向けた協議を開始した。この際、DVDの規格化団体である「DVD Forum」とは別の団体としてスタートしたこと、また、DVD規格策定の中心企業であった東芝がメンバーに含まれなかったことから、次世代光ディスクの規格は分裂することとなった。東芝を中心としたグループは、Blu-rayとは異なる「HD DVD」という規格を提案、β対VHS以来の本格的規格分裂となった。
DVDに似た物理構造に青紫色レーザーを利用、ディスク製造コストは安いが容量は15GBから30GBと少なめ、という選択をしたHD DVDに対し、Bru-rayは、大容量化に有利となるよう、新技術を導入する、という選択を採った。両者の一番の違いは、データ記録層までを保護する「保護層」の厚み。HD DVDが、DVD同様の0.6mmであるのに対し、Bru-rayでは0.1mm。製造技術はより高度なものが必要となるものの、容量を増やしやすいのが特徴だ。これは、安価な1層ディスクを使った際にも、デジタルハイビジョン放送を2時間以上記録できるように、という狙いから作られたものである。現在は1層および2層のディスクのみが規格化されているが、4層・8層と記録層を増やす技術が研究中であり、HD DVDに比べ伸びしろは大きい。
両陣営の競争は苛烈を極めたが、08年2月、東芝がHD DVD事業の「終息」を発表したことで、規格は事実上一本化、本格普及を前に分裂状態は終了した。
Blu-rayが勝利した理由は「数」。東芝以外の家電メーカーがほとんど賛同したことに加え、ゲーム機である「プレイステーション3」に採用されたこと、各社がBlu-ray対応機器を積極的に販売したことなどから、東芝が孤軍奮闘するHD DVD陣営に比べ、対応機器の出荷量が多くなった。07年下半期以降、市場占有率が高くなっていった。その結果、08年1月、米映画配給大手のワーナーブラザーズが、08年6月以降、HD DVD向けの映像ソフトを供給せず、Blu-rayに一本化することを決断、ハリウッドの「Blu-rayシフト」が鮮明となったことが、最終的な決め手となった。
08年7月現在、日本国内ビデオレコーダー市場では、販売される製品のうち4割をBlu-ray搭載製品となっており(GfK Japan調べ)、急速に移行が進んでいる。映像ソフトの分野でも、特に洋画とアニメーションでは、DVDとBlu-rayが同時発売されることも多くなっている。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

ブルーレイ・ディスクの関連キーワードBlu-ray DiscDVD記録型DVD次世代DVDDVD-RWDVD-RW2層記録DVDHD DVDDVD低価格DVD

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルーレイ・ディスクの関連情報