E. ジュース(英語表記)Eduard Suess

20世紀西洋人名事典「E. ジュース」の解説

E. ジュース
Eduard Suess


1831 - 1914
オーストリア地質学者。
元・オーストリア科学アカデミー会長。
ロンドン生まれ。
商人の子として生れる。幼児に家族とウィーンに帰り、英才教育を受けた。17歳で革命運動に参加する。プラハ大学地質学、古生物学を学び、ウィーンに戻り1857年ウィーン大学地質学院外教授となり、1857〜1901年まで同大学正教授を務める。州会議員を経て1873年にオーストリア下院議員となる。1894年英国のローヤル・ソサエティの外国人会員に選ばれ、コプリー・メダルを受賞。世界の地質を空間的、時間的に初めて総合化したことは著名である。主著に「地球相貌」(1883〜1888年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android