相貌(読み)そうぼう

精選版 日本国語大辞典「相貌」の解説

そう‐ぼう サウバウ【相貌】

〘名〙
① 人のかおかたち。すがたかたち。容。様。そうみょう。
※性霊集‐一〇(1079)故贈僧正勤操大徳影讚「吾師相貌等凡類、心行文殊志若神」
※浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)中「夫美人の様体、相㒵(サウホウ)を遠山のほのかにかすめるになぞらへ」 〔西廂記‐崔鶯鶯夜聴琴雑劇・第二折〕
② 物事の様相。
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉四「あたりの相貌が一変しているのだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「相貌」の解説

そう‐ぼう〔サウバウ〕【相貌】

顔かたち。容貌。「異様な相貌
物事のようす。様相。「陰惨な相貌を呈する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android