E. パシュカーニス(英語表記)Evgenii Bronislavovich Pashukanis

20世紀西洋人名事典の解説

E. パシュカーニス
Evgenii Bronislavovich Pashukanis


1891 - 1937
ソ連の法学者。
元・ソビエト・アカデミー建設・法研究所長,元・ソビエト・アカデミー副総裁。
ギムナジア時代から革命運動に参加。1910年に国外追放となって、ミュンヘン大学に学ぶ。’18年ロシア共産党に入党し、’22年社会主義アカデミーの法学部門に属し、’31年からは社会主義アカデミーソビエト建設・法研究所長に就任した。’36年スターリン憲法の起草に加わり、司法人民委員代理を務めたが、’37年の大粛正の犠牲となった。主書「法の一般理論とマルクス主義」(’24年)は国際的に「パシューカーニス理論」として名を高め、ソ連法学において綱領的文献とされた。’80年に名誉が回復された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android