EAEC(読み)イーエーイーシー

  • East Asia Economic Caucus
  • European Atomic Energy Community

大辞林 第三版の解説

East Asia Economic Caucus
東アジア経済協議体。ASEAN 諸国・中国・韓国・日本などアジア諸国のみによる経済協力圏構想。1990 年マレーシアのマハティール首相が提唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東アジア経済協議体。マレーシアのマハティール首相が1990年12月に提案した貿易ブロック構想。EU(欧州連合)市場統合やNAFTA(北米自由貿易協定)など地域主義の動きに対抗してASEAN(東南アジア諸国連合)、日本、韓国、中国など東アジア地域諸国も団結すべきだとの発想から生まれた。当初、EAEG(G=Group)として提案されたものを、91年10月のASEAN経済閣僚会議で協議体(Caucus)に名称変更した。アメリカなどが「アジアのブロック化」だとして強く批判、具体化は進んでいない。しかし、95年11月のAPEC(アジア太平洋経済協力)大阪会議の際にはEAEC想定メンバーのASEAN6か国(当時)と日本、韓国、中国の貿易担当相が会合、97年からはASEAN加盟国首脳に日本、中国、韓国の首脳が加わった「ASEANプラス3」首脳会議が始まり、事実上、EAECの枠組みでの話し合いが行われている。[大井 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android