コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EAT イーエーティーexperiments in art and technology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EAT
イーエーティー
experiments in art and technology

「芸術とテクノロジーにおける実験」の略称。 1966年ニューヨークで元科学者の B.クリューバーが中心となって結成された芸術家と技術者による組織。芸術とエレクトロニクスなどの科学技術との結合を積極的に推進することを目的とした。美術家では R.ラウシェンバーグが最も活動的メンバーで,66年の『演劇とエンジニアリングの9晩』など,多くのパーフォーマンス (→ハプニング ) のほか,70年の日本万国博覧会でもその活動が知られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イーエーティー【EAT】

1966年ニューヨークで結成された芸術家と技術者のグループ。Experiments in Art and Technology(芸術と科学技術の実験)の略称。ベル電話研究所の技師クリューバーBilly Klüverを中心に,画家ラウシェンバーグ,映画作家・画家ホイットマンRobert Whitman,作曲家ケージ,舞踏家カニンガムなど各分野の芸術家が集まった。目的は,コンピューターやテレビジョンなど新しいエレクトロニクス技術を含む科学技術を,芸術に応用することにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のEATの言及

【ハプニング】より

…日本でも,ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ,ハイレッド・センター(高松次郎,赤瀬川原平,中西夏之ら)などのグループや一柳慧(いちやなぎとし),小杉武久ら音楽家のハプニングが知られている。60年代末には,R.ラウシェンバーグらのEAT(イーエーテイー)(1969結成)が,テクノロジーとアクションを織りまぜた大がかりな催しを展開した。 ハプニングは60年代という破壊的・行動的な時代の産物であり,肉体信仰のロマンティシズムと管理社会への反抗精神に色濃く彩られていた。…

※「EAT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

EATの関連キーワード災害時健康危機管理支援チーム素敵なハイエナジー・ボーイromance seatグレートファイアウォールユーザー作成コンテンツドッグ・イート・ドッグユーザー制作コンテンツグレートジンバブエ遺跡グレートサンディー島東南アジア条約機構地球近傍小惑星追跡木村伊兵衛写真賞エリオットゆかりファーストイートバルバドススグリ非運動性熱産生三条切翅枝尺蠖ぼくら1匹6人大背条閻魔虫低層湿原泥炭

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

EATの関連情報