ESCO事業(読み)えすこじぎょう

百科事典マイペディア「ESCO事業」の解説

ESCO事業【えすこじぎょう】

省エネルギーのさまざまな施策設備維持・管理などのサービスを提供する事業の総称エナジー・サービス・カンパニー略称。日本では1970年代のオイルショックから個別企業による省エネ活動に終始していたため事業としての展開は低調だった。低炭素社会実現が地球規模で課題とされている現在,経済効果のうえでも本格的な展開が期待されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android