コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ESS-ID イー エス エス アイ ディー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ESS-ID

無線LANで使われるネットワークの識別子。SS-IDとも呼ばれる。複数の無線LANで構築されたネットワークがあるときに、それぞれのネットワークを識別するためのもので、アクセスポイントとクライアントの双方で同じESS-IDを設定することによって通信が可能となる。多くのアクセスポイントは、すべての無線LANクライアントに対してESS-IDを教える信号を発している。これは「ビーコン」と呼ばれるもので、それを見ればどういったESS-IDを設定したアクセスポイントが近くにあるのかわかる仕組みになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ESS-ID

無線LAN用語です。パソコンで無線LANの設定をするときの接続先、つまり「アクセスポイントの名前」と考えて差し支えありません。ただし、厳密にはアクセスポイントとパソコンとの間にできあがる無線LANのネットワークの名前です。通常、アクセスポイントは周囲に自分のESS-IDを伝える信号を出していますが、これを無効にすることで、第三者からアクセスポイントの存在を隠し、不正に接続されるのを防げます。
⇨SSID、アクセスポイント、ステルス

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ESS-IDの関連キーワードAny接続

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android