コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FH-70 エフエイチななじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

FH-70
エフエイチななじゅう

正式名は 155mm Field Howitzer 70:155mm野戦榴弾砲。イギリス,ドイツ,イタリアが共同で開発した傑作榴弾砲で,1970年にプロトタイプが完成した。 FH-70のねらいは高い発射速度と火力,さらに迅速な展開能力にある。このためC-130輸送機で空輸できるほか CH-47ヘリコプタで吊下げて運搬もできる。また補助動力装置を備え,時速 16kmで自走できることから陣地移動も容易である。日本でもライセンス生産し,85年度から陸上自衛隊に配備されている。主要目は,口径 155mm,全長 12.4m (射撃時) ,全備重量 9.6t,発射速度毎分6発,射程2万 4000m。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

FH-70の関連キーワード5W1Hノウ・ハウ核砲弾片渕忍フォード(John Ford(1895―1973))リース(Jacob August Riis)イアン ファーガソンデービッド ロッジ走査型近接場光顕微鏡後藤英樹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android